クレジットカードをお得に使いたい!選ぶときに見ておきたいオススメポイント

実店舗での支払いはもちろん、インターネットショッピングなどにおいても重宝するクレジットカードですが、いざ作ってみようと思った時、どのカードを選べばよいのか悩んでしまうこともあるかと思います。世の中には多くのクレジットカードが存在しているため、そのなかから自分に合ったものを選ぶとなると大変であると感じることもあるでしょう。
実はクレジットカードを選ぶ際、見ておくと良いオススメポイントというものがあります。
ポイントをしっかり把握しておけば、自分に合ったクレジットカードを選べる確率がぐっとアップするでしょう。

まずはランクや年会費をチェック

クレジットカードを選ぶ時、まずはランクについて知っておくことが大切です。
クレジットカードには様々なランクがあり、一般的に使用者が多いのが年会費無料のカードです。一般カードと呼ばれることもあるこのカードは元々年会費などの手数料が無料であったり、一度でも使用すれば年会費が無料になるといったように年会費がほぼかからないことが多いという特徴があります。まずは一枚クレジットカードを作ってみたいなど、初心者にオススメなカードであるといえるでしょう。
年会費無料のカード以降にはゴールドカードやプラチナカードなどがあり、それらのカードには相応の年会費が発生します。選ばれた人間のみ持つことが許されているブラックカードなども存在しています。

カードのランクによる付帯特典も要確認

先にクレジットカードにはランクがあると述べましたが、それらのクレジットカードの違いはずばり付帯特典にあります。例えば年会費無料のカードの場合は特典自体がなかったり必要最低限の特典のみ付与されていることが多いですが、プラチナカードになると専用のコンシェルジュや世界各国の空港ラウンジが使用できるようになるなど多くの特典が追加されるのです。
ここで注意しておきたいのがゴールドカードの存在です。年会費無料のカードやプラチナカードはカード会社による違いが比較的小さいのですが、ゴールドカードに至ってはそうではありません。年会費無料のカードと大差ない付帯特典なのに年会費だけは多くかかってしまうカードがあったり、反対にプラチナカードに近いような特典や年会費のものもあるのです。
ゴールドカードは付帯特典や年会費にかなりの変動があるため、持つことを検討しているのであればきちんと調べておくのがよいでしょう。

買い物をするならポイント還元率に注目

クレジットカードで多く買い物をしたいというのであれば、ポイント還元率について知っておくことが重要です。ポイント還元率が高いほどカード利用によって貯まるポイントも増えるため、ショッピング利用が主なのであればきちんと意識しておきましょう。
クレジットカードの中には特定の店舗で使用することによってよりお得にポイントを貯めることができるというものもあります。自分がよく利用しているお店に対応しているカードはどれかを知っておくことで、効率的にポイントを貯めていくことができるでしょう。
もし利用店舗が複数あるという場合には、複数のカードを使い分けるという方法もあります。ただし複数使うことでポイントが分散して効率性が下がる可能性もあるため、多くても3枚程度に留めたほうが良いでしょう。

クレジットカードにはランクが存在しており、それぞれに付帯特典や年会費、ポイント還元率など異なる点があります。
とにかくカードが持ちたいのであれば年会費が無料のものを、少しステータスを意識するのであればゴールドカードを、お得に買物をしたいのであれば利用する店舗に対応したカードを持つなど自分の状況に合わせて選ぶことが大切です。
自分に合ったカードを選び、より賢くクレジットカードを使っていきたいものですね。

ポイ活に有利な流通系のクレジットカードが普段使いとしてオススメの理由

クレジットカードの中には、ステータスの高いものから使い勝手の良いものまで、個人のニーズに合わせて様々な種類があります。

その中で、流通系のカードは日常で頻繁に使用が可能で、ポイ活にも使えるおすすめのカードの一つです。

幅広い層にとって作りやすい点にも特徴があります。上手に利用すればポイント還元率によるお得感を高める使い方ができます。

一般的には安定した収入があれば、どのような種類のクレジットカードでも作ることは可能です。
しかし、専業主婦や学生のように、個人としては収入がないか、少ない場合もあります。
フリーランスで働いている人も、収入が不安定になりがちです。
こういった人がクレジットカードを作る場合は、クレジットカード会社の審査に通過しないケースもあります。
但し、クレジットカードによっては作りやすい種類のものもあるため、知っておくと便利です。
流通系クレジットカードは審査に通過しやすく、ポイ活に有利に利用できる特徴があります。

流通系のクレジットカードはポイ活に便利

クレジットカードには、発行元によって 「銀行系」「信販系」「流通系」「航空系」「交通系」など、様々な種類があります。
この中で、流通系のクレジットカードは審査が緩やかな点が特徴です。
流通系の一般カードであれば、安定的な収入がなくても作れる可能性があります。
流通系とは、流通業を営む会社やグループなどから発行されているクレジットカードのことです。
通販サイト、スーパー、家電量販店、デパートなど、幅広い種類があります。
これらは商品購入の促進が目的であるため、できるだけ多くの層にカードを持ってもらう必要があります。
特に家庭の主婦は、生活必需品などの消費の中心になる存在であり、主婦にカードを持ってもらうことは消費を促す意味で重要な点です。
日常で頻繁に利用できる流通系のクレジットカードは、自然にポイントが貯まり、ポイ活にとって有効利用できます。

日常で使用する流通グループのクレジットカードが効果的

全体的に、ポイント還元率の高さが流通系のクレジットカードの特徴です。
発行元のサービスをより多くの人に利用してもらう目的であるため、ポイント還元率も高く設定している場合が多いです。
その流通系グループをよく利用する人であれば、日常の消費活動が即ポイントの獲得につながります。
ポイント還元率や割引などの特典は、各クレジットカード会社によって内容は異なります。
還元率が高く、サービス面が充実している業者を利用することがオススメです。
但し、ポイ活の効果を高めるためには、日常でよく利用する流通グループであることが条件です。
あまり利用しないところであれば、いくら還元率が高くてもメリットが限定的になるからです。
よく使う場所であれば、ポイント獲得に有利です。

年会費無料のクレジットカードのメリット

流通系のクレジットカードは、年会費を無料にしているケースが多いです。
ポイ活でポイントを稼いでも、年会費がかかるクレジットカードであれば、その分のコスト負担がかかります。
ステータスを重視しているクレジットカードの場合は、年会費もかかることが通常です。
しかし、作りやすいクレジットカードで、ポイ活がメインの目的であれば、年会費無料のカードの方がオススメです。
年会費が無料であっても、サービス面が劣るというわけではありません。
消費を拡大する意味から、年会費やポイント還元率を有利に設定しているため、良質のサービスを維持しながら、利用者にとってメリットの多いカードになっています。
収入がない立場の人でも、年会費が無料のクレジットカードであれば利用しやすく、また普段の買い物に利用できるメリットがあります。

流通系のクレジットカードは、ポイント還元率が高く、ポイ活目的の人にとっても有利に利用できます。
また、発行審査の基準が易しいことと、年会費無料のカードも多く、収入に不安がある人にとっても作りやすい特徴があります。

日常の買い物で頻繁に利用できるため、ポイントが多く稼げることで、お得感の高い使い方が可能です。
自分自身の生活スタイルに合わせて、よく利用する店舗のクレジットカードを持つことで、ポイ活効果を最大限に発揮できます。